第196回レイキ交流会

良く使われるフレーズ「平成最後の・・・」第196回目の交流会です。今日はナント狭ーいサロンに11名もいらして下さいました。住田、江刺、紫波、宮古、滝沢とあちこちからいらしてくださり本当に感謝いっぱいです。

また、今日は別の教室で習われた方もいらしてくださいました。レイキは日常の様々な症状に使えてこそなのです。ですからソアンでは、遠隔の練習や手の当て方を沢山実践しております。1人20分ほどレイキをしてもらい、帰るころには「生き返った~」と頬を桜色にして嬉しそうです。

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

今日のおやつは東京駅で長蛇の列の「CARAMEL WICH」娘さんが目黒雅叙園に就職されて、引っ越しのお手伝いに行かれたお母さんのお土産です。

就職された娘さんも、学校に行けない時期や親子で辛い思いをした時期もありましたが、お母さんの「絶対幸せになってもらう」と言う強い思いが娘さんに伝わったのですね。人生って辛い事、苦しい事を乗り越えたからこそ頂けるご褒美が有るのですね。絶対諦めない!!行動する!!きっと、その先に素敵なご褒美が待っています♪

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ