被災地へのボランティア

2011年4月からたった一人で友人がいる宮古市田老にボランティアに行きました、今にして思えば片道2時間半の山道をクネクネと、よく一人で行ったと思います。じっとしてられなかった、居てもたってもいられなかった。岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

その後、東京の従妹が「一人では無理よ、団体作りましょう」と言ってくれて2011年9月ボランティア団体「みっこ倶楽部」が誕生。

叔父の精神科医を顧問に東京、青森、仙台、盛岡の看護師、アロマセラピスト、楽健法セラピスト、ピアニスト、保健師、カウンセラーetc一時は30名以上のボランティアがおりました。

この写真は大船渡の看護師さん保健師さんを癒しに行った時の物です。皆さんお元気かな~。72才にならんとしている今は、あちこちで台風被害があって酷くても駆けつける体力はなくなりました。

でも何か出来るはず!!一人ではなく皆さんとご一緒に力を合わせ!

岩手盛岡癒し空間ソアンレイキ

前の記事

悲しみを優しさに

次の記事

私が出来る事は?