私が出来る事は?

これまでボランティア団体を率いて県の助成金を頂き被災地に行き、楽健法の教室を開き東京から従妹に来てもらい指導してもらったり、色々してきましたが・・・

思いはたった一つ「道具を必要としないケアを広めたい!」自分と家族と大切な方を「手」「足」を使ってケアする。震災ではとても役に立ちました、歯医者さんは「良いよな~俺たち電気が無いと何もできない」と。

被災された大槌の方々の職業訓練の中での一場面(ズーッとこの勉強が良いな~❤と言われました、体が楽になりますからね)

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

田老の仮設住宅集会場で、固くなった筋肉を緩め血行を良くする健康法「楽健法」を覚えてもらっている所。メンバーには看護師も多いので健康相談やカウンセリングもできました。

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

盛岡、八戸、宮城、東京のセラピストが手を繋ぎ、毎月田老に向かいました。そして募金してくださった方々に通信をお送りしました。

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

だけど・・・何度も何度も津波、地震、台風と被災される方が日本国中に沢山おられると、今は「ただ祈る、毎日祈る」でも!何かしようと思います。宮古の社協では雑巾が足りないそうです。それなら皆さんにご協力いただけるかも・・・

そうそう、初めて被災された方々が大勢おられた体育館で「私ハンドパワーが出来るの」とレイキの手でソーッと手当したら即ぐっすり眠りましたっけ・・・。2才+70になったけど出来ることをしよう。皆さんのお力をお借りして。

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ