ひとり ひとり

2020年も早7日目、今日は七草粥ですね。遅ればせながら「明けましておめでとうございます」

最近深く思う事・・・この世に生まれた私達、一人一人精一杯生きている、だから皆さん素晴らしいな!尊敬出来るな!と思うのです。失敗あり、嘆きあり、喜び有り、色んな経験をさせられながら成長していくんですね。

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

昨年10月12日(土)台風19号が荒れ狂う中、縁あって秋田市の聖体奉仕会(カトリック教会)に10名ほどで行ってまいりました。奇跡の連続、その1、羽田からのフライトは1便のみ(その後は全て欠航)、この飛行機には神父様、川崎からのご一家と友人が搭乗されたおりました。

奇跡その2、教会についいたら私達の上にだけ雨雲が無い。その3、帰りの車は荒れ狂う台風に向かって走っているにも関わらず晴れていたのです。

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

その教会で、信者さんが下さった小冊子「ひとり ひとりの十字架の道行」の中の一節・・・「主よ助けてください、あざ笑って傷つける人 お節介な手助けで邪魔をする人 プライバシーを侵す人 その様な人々にがみがみ言いたくなるとき、口を慎むよう助けてください。

優しさが私の衣服となりますように。 主よあなたのように、私を親切なものとしてください。優しさが私の衣服となる・・そのような私になりたい、なろう。強くて優しい人に。今年もソアンを宜しくお願いいたします。

岩手盛岡癒し空間ソアン レイキ

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

まるで小説のような