母に守られつつ…無事にコンサート開催

Iwateわくわく音楽隊(https://iwakuwaku.com/)のコンサートが9月25日、26日と岩手県独自の緊急事態宣言解除直後に「岩手県いきいき岩手支援財団」の助成金を受けて企画、宮古と釜石のコンサートが何事もなく無事終了しました。コンサート開催時から2週間経て出演者、お客様にコロナが発症しない事が確実になって、やっと全て終了です。ホッとしました(*^-^*)

岩手癒し空間ソアン 音楽イベント

被災者の方、高齢の方、障碍のある方々に、金銭的に、また移動手段が困難な方々にプロの生音を届けたいと始めた活動です。コロナ禍の中、多くの方々が「○〇をしてしてはいけない!○○は出来ない!」と引きこもってしまっております。

こんな時だからこそ、一流の音楽家のコンサートをお届けしたい…しかし今年は見通しが立たず会場も二転三転と変更せざる負えず(予約していた全ての会場がコロナで使用不可、公的な会場が使えない状態でした。その度に財団に変更届を提出⤵疲れました。

岩手癒し空間ソアン 音楽イベント

そのころから96歳の母の体調が「まるで電池が切れたように」ガクガクッと落ちていきました、祈る思いでした。演奏者の方々には「私が企画するイベントはいつも奇跡を起こします」とラインで励まし...自分自身を励ましたのですね。

出演者は「ソプラノ 森林美紀(本名 五日市田鶴子)」「トランペット 佐々木駿」「ピアノ 岡本知也」「クラリネット 本濱寿明」「打楽器 山口大輔」「サックス 川上怜里」その他に、調律 佐藤政行(主人です、https://harmony440.com/)記録係兼運転手 黒坂一弘(https://atelier-kk.net/)運転手兼コンサート手伝いの佐藤さん。それから代表の私 佐藤充子(https://reiki-soin.com/)。

最高(#^^#)のコンサートでした、もっともっとお客様がいらしてくださったら、もっと最高でしたが・・出来る!出来ない!の連続でしたから今年は仕方がない。

岩手癒し空間ソアン音楽イベント

母が見守ってくれました、9月末日本の緊急事態宣言が解除!東京から娘が帰って来て、母がお世話になっている施設を訪問できました。ワクチン接種2回、抗原検査陰性Ok、マスクとフェイスシールド姿でしたが手を握りお話しすることも出来ました。

岩手癒し空間ソアン 音楽イベント

そして、コンサートも無事終了、面会も出来、弟の娘婿さんが11日からの長期出張予定の合間をぬい家族そろって10月10日温かく告別式ができました。更にコロナ禍だからこそ出来た家族のみのおばあさんを偲ぶお食事会。主人ったら「献杯」と良う所を家族だけでほっとしたのでしょう、ビールを片手に「乾杯!」と元気よく発声してしまいました(一同苦笑い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

無料体験会