現代では「心と身体は別々のものではなく繋がっている」という認識が以前よりも深まってきました。

心や体が健やかな状態を取り戻す為のレイキサロン開設以来15年間で約350名余りの方々にレイキを伝授いたしました。その中で更に深くレイキを学び、自身の資格や職業経験を活かし活躍している方々を紹介いたします。

レイキヒーリングサロン ーTASUKE-たすけ

陸前高田市

熊谷 将之

KUMAGAI MASAYUKI

2020年8月にティチャーコースを卒業。レイキを学ぶきっかけは、長年悩んできた肘の痛み、それに伴う指の痺れ等で眠れない日々があったからです。その状態を救ってくれたのは、レイキでした。

私は、その様な身体の悩みを持つ人々の役に立ちたい。そして、自前の救急箱的なレイキを多くの人に知ってもらいたい、その想いで陸前高田にレイキヒーリングサロンーTASUKE―(たすけ)をオープン致しました。連絡先:090-7328-9186
暮らしの保健室とも 鈴木一美

気仙郡住田町

鈴木一美

SUZUKI KATUMI

2020年8月ティーチャーコースを卒業。ホリスティックヘルス塾インストラクター、保健師、暮らしの保健室とも代表。心と体の健康を多角的な方面から探求中。

医療過疎の田舎こそ、レイキの力が必要との信念のもと、中央まで出る事なく体験できる場を開設。興味があるけど、接するチャンスがなかった方。まずは、無料体験、お話を聞くことからどうぞいらしてください。暮らしの保健室とも 鈴木一美 連絡先:090−1068−6873